KITAJIMAQUATICS
SUMMER CAMP2022
自然を感じ、学び、
心と感性ひろがるスイムキャンプ

体験編

子供から大人まで水泳の楽しさを多くの人に体感して欲しいという想いから、元競泳選手でアテネ・北京両オリンピック金メダリストの北島康介さんが2011年に設立されたスイミングスクール「KITAJIMAQUATICS」の水泳交流合宿が昨年に引き続き今年も伊豆大島で実施されました。

昨年の合宿の様子はこちらのレポート をご覧ください。
合宿の全体の様子はもちろん、KITAJIMA QUATICSの皆さんが合宿に込めた想いや伊豆大島を合宿先として選んだ経緯など詳しくご紹介しています。

KITAJIMAQUATICS SUMMER CAMP 2021

自然を感じ、学び、心と感性ひろがるスイムキャンプ

子供から大人まで水泳の楽しさを多くの人に体感して欲しいという想いから、元競泳選手でアテネ・北京両オリンピック金メダリストの北島康介さんが2011年に設立されたスイミングスクール「KITAJIMAQUATICS」の水泳交流合宿が伊豆大島で実施されました。

詳しく見る

今年も昨年同様に地元の水泳クラブ「サンスイミングクラブ大島」の皆さんとの合同練習をはじめとした水泳練習を中心に、伊豆大島の豊かな自然の中で思いっきりアクティビティを楽しむ、というメリハリのある内容で合宿が実施されました。

今回、新たなプログラムとして島ならではの体験も実施されました。島の農家さんの農園にお邪魔して野菜の収穫を体験するグループと、釣りが得意な地元のガイドさんからアドバイスを受けながら釣り体験をするグループに分かれて海と大地の恵みを集めます。そして、収穫した野菜や釣った魚はBBQの食材として調理していただく、普段の生活ではなかなか味わえない贅沢な体験も行いました。

今回はそんな島ならではの体験とBBQの様子をお届けします。

新鮮夏野菜の収穫体験

今回お世話になった農園は篠﨑農園さん。篠﨑農園を営む篠﨑さんは島の農産物直売所ぶらっとハウス を経営する一般社団法人ぶらっとハウスの代表理事でもあります。そんな篠﨑さんの農園にお邪魔して今が旬の新鮮夏野菜を収穫させてもらいました。

今回収穫した作物は「ささげ(大角豆)」、「オクラ」、「きゅうり」、「こどもピーマン」、「パプリカ」、「ナス」など。定番の夏野菜から馴染みのない野菜までたくさんの種類の野菜を収穫させてもらいました。野菜がどのような姿で育っているのか、そんな様子を見るだけでも学びになります。さらに篠﨑さんから直接野菜の説明や育て方のポイント、苦労されている点なども子供たちに分かりやすく説明してくれたことで、普段何気なく食べている野菜を見直すきっかけにもなります。

最初に収穫した「ささげ」はみんなにとって馴染みのない野菜、緑のトンネルの中を覗くとひょろひょろ〜とヒモのようにたくさん垂れ下がっている様子が見えました。そんな不思議な姿に子供たちも興味津々。

篠﨑さんが「この野菜は何かみんなわかるかな?」と質問するも、誰も答えられず。笑

この野菜は「ささげ」と呼ばれ、漢字で「大角豆」と書きます。さやの中の豆を乾燥させて、赤飯などに入れて食べるのが一般的。そう、「ささげ」は赤飯の中に入っているあの豆なのでした。小豆を入れる場合もありますが、小豆は煮ると割れてしまうことがあり、それが切腹を想起させることから、煮ても割れにくい「ささげ」を縁起担ぎとして用いたのだとか。

さっそく篠﨑さんから「えんぴつぐらいの太さのものを収穫してね」と収穫の目安を教えてもらい、みんなで緑のトンネルの中へ。教えてもらったとおりに収穫していきます。いきなり普段目にすることのない野菜を収穫することになり、これからどんな野菜が登場するのかワクワクの子供たち、一気に収穫体験にのめり込んでいきます。

続いて収穫したのは「オクラ」。オクラは大きくなると硬くなって食感がよくないので、小さめのサイズを狙います。青空の下、みんなで収穫する様子が微笑ましい。それぞれのテリトリーを確保し仲良く収穫していきます。そして、オクラの花が美しいレモンイエローなのも発見でした。1日花の為、収穫にきた夕方に差し掛かった時間帯にはしぼみかかっていました。ハイビスカスと同じアオイ科の植物で、日本に入ってきた明治初期頃は観賞用として輸入されていたのだとか。

島の気候風土が育むめぐみと風景

次はキュウリです。ここでキュウリ畑を前に「ちょっと変わったところに気がつくかな?」と篠﨑さん。みんな顔を合わせて「?」顔です。

「キュウリってもっと背丈が高い状態で育てられるのが一般的だけど、ここの畑は地面に這いつくばって低く育っているのが分かるよね。これは風が強く吹き、台風が多く通る島の気候から作物を守るための手段なんだ。そして、周りに木が植えられているよね。これは椿の木で、椿の木は島では防風林の役割を担っているんだ。強風から家や畑の作物を守るために周りを囲むように植えられているんだよ。」

なるほどー!目の前の風景の中に島ならではの暮らしの知恵が隠されていました。地域の気候や風土に合わせて工夫することで、その地域ならではの特徴的な風景が生まれていることを学びます。

きゅうりを収穫した後は「こどもピーマン」の収穫です。
なかなか聞き馴染みのない野菜「こどもピーマン」。ピーマンやパプリカとは形状が異なりやや小さめだけど肉厚でジューシー。ひとかじりしてみると、ピーマンの独特な苦味はなく、とっても甘くてジューシー!栄養価も通常のピーマンより高いそうで、子供でも苦手意識を持たずに食べられる優れもの。みんな元気に収穫していきます。

ツヤッツヤな元気野菜たち

続いて収穫したのはツヤッツヤで真っ赤なパプリカ。たわわに実った畑の様子を目にした子供たちは畑に入るや否や瞬き一つせず、大きくて真っ赤に育ったパプリカをゲットしようと必死です。笑

こんなに大きくて綺麗なパプリカは肉厚にスライスしてBBQで焼いて食べたら最高に美味しそう!そして、鮮やかな紫色がとっても美味しそうな夏野菜の定番であるナスも収穫しました。

丁寧に野菜の説明をしながら、子供たちに自由に収穫をさせてくれた篠﨑さん、なかなか体験できない収穫作業に子供たちはとっても満足気な様子。そして、気がつけばみんな袋いっぱいに収穫していました。

「みんなたくさん採ったね!どれも大切に育てた野菜だから、しっかり食べてくださいね。」

篠崎さんにお礼を伝えてBBQの準備へと向かいます。

絶景会場でいただく贅沢BBQ!!

野菜の収穫と釣りを終えた子供たち、続いて念願のBBQです。会場はなんとゴルフ場!伊豆大島リゾートゴルフクラブ さんに特別に許可をいただき、絶景が広がる最高の場所で島の採れたて食材を味わうひととき。贅沢な時間のはじまりです。

その前に、野菜収穫グループと釣りグループの成果を報告し合います。気になっていた釣りグループの釣果ですが、見事に沢山釣れたようで、自慢げにクーラーボックスを開けて満面の笑みでお披露目するチーフインストラクターの細川さんの表情が忘れられません。笑

釣りグループを案内したのは地元で伊豆大島ジオパーク認定ガイドとして活動されている杉山克己さん(通称:かっちん)。自身も大の釣り好きということで、今回案内役を快く引き受けてくれました。おかげで大満足な釣り体験となったようです。地元を知り尽くした方に直接アドバイスをもらうことで、より深く地域のことを知ることができます。

さて、地元で“ショッパチ”と呼ばれる小型なカンパチも何匹か釣り上げていたので、早速捌いてお刺身にしていきます。ショッパチは歯応えがあってコリコリとした食感が楽しめます。どんどん綺麗に捌かれていく様子を興味津々で見つめる子供たち。魚ってこうやって捌くのか!とか、とれたての魚はどんな味がするのか等、みんなワクワク楽しみな様子でした。

それにしてもここからの景色は素晴らしい!天候にも恵まれ、富士山もくっきり姿を見せてくれました。時間とともに鮮やかに変化していく空のグラデーション。その場に立ち尽くし、目の前の景色をずっと眺めている子もいるほど、印象的で美しい時間が流れます。

BBQがはじまるとみんなの食欲が加速し、どんどん食材がなくなっていきます。みんなで外で食べる幸せ、日頃の練習を忘れて最高の夏休みを満喫する子供たちでした。また、明日から頑張ろう!

そして、あたりは日が暮れて星が一つ二つと輝き始めました。伊豆半島の夜景も煌めきはじめ、お腹いっぱいになった後はゴルフ場の芝生に寝転がって星空を満喫します。すっかり暗くなった頃には天の川が広がり、信じられないくらいの星空が広がっていました。日頃の練習の疲れも吹っ飛ぶ絶景の数々に大いに癒された1日となりました。

いかがでしたか?
自分たちで食材を集めて最高のロケーションの中で味わうひととき。贅沢の一言に尽きますが、その中でも多くの学びにあふれた時間でもありました。都会では味わえない非日常的な環境の中で、普段体験できないことにチャレンジする。きっと忘れられない体験になったはずです。大パノラマの中広がる美しい夕日や刻一刻と変化する空のグラデーション、そして、満天の星…そんな心揺さぶる感動体験が心に豊かな効果をもたらしてくれます。自らの能力やチームワークを高める合宿の中にこのような体験を組み込むことで、より良い影響をもたらしてくれることでしょう。

KITAJIMAQUATICSの皆さん、また来年お待ちしております。

KITAJIMAQUATICS

住所:〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町3-7代官山木下ビル

TEL:03-6452-5855

URL:kitajimaquatics.jp/

営業時間
平日(月~金)10:00~18:00

\あわせてチェック!/

ゆっくり楽しむ『ぶらっとカフェ』

開放感抜群のくつろぎスポット「ぶらっとハウス」

島の農家さんがつくる新鮮な採れたて野菜や花卉(かき)類をはじめ、大島牛乳や大島バターなどの乳製品や手作りのお惣菜など、安心・安全な美味しい島の農畜産物を提供している「ぶらっとハウス」にはカフェスペースが併設されています。

詳しく見る

柔軟なアイデアで魅力あるゴルフ場に -伊豆大島リゾートゴルフクラブのお二人にお話を伺いました-

柔軟なアイデアで魅力あるゴルフ場に

伊豆大島リゾートゴルフクラブのお二人にお話を伺いました

伊豆大島北部の玄関口である岡田港にほど近い伊豆大島リゾートゴルフクラブの特徴は、なんといってもロケーションの素晴らしさです。2021年8月にリニューアルオープンされた「伊豆大島リゾートゴルフクラブ」の代表取締役 工藤 強さんと専務取締役 工藤 裕さんにお話を伺いました。

詳しく見る