伊豆大島ジオパーク

伊豆大島は『大地の公園』!

伊豆大島は2010年9月14日に日本ジオパークに認定されました。
ジオパークは世界自然遺産と並ぶ、ユネスコが支援する取り組みです。

伊豆大島は地球と生命の関わりを、楽しくわかりやすく学べる素晴らしい自然の島。
あなたも、地球のこともっと深く知ってみませんか?

ジオパークって何?

そもそもジオパークって何でしょう?

ジオパークとは『大地の公園』。

目の前に見える風景はどのようにしてできたのだろう?
そんな疑問から始まって、大地の歴史を知り、目の前に広がる自然を見て感じることで、地球と生命のつながりを知り、そして、楽しく学ぶことができる貴重な場所。

そして、世界遺産と並ぶ、ユネスコが支援する取り組みなのです。

では、世界遺産とどこが異なるのでしょう?

世界自然遺産は貴重な自然を保護することが目的。つまり、その指定地域の開発行為は禁止されています。

一方、ジオパークは貴重な自然の価値を地域全体で学び、活用し、地域を元気にすることで、皆の力で自然を守っていくことが目的なのです。つまり、その地域の振興のための開発行為を認めているのです。

伊豆大島は地球と生命の関わりを楽しく学べる素晴らしい自然の島なのです。

島の中央にそびえる三原山は玄武岩のやわらかいサラサラな溶岩が特徴。
そんな性質から、三原山はなだらかな女性的なラインを描いている。

\あわせて読みたい/

伊豆大島のシンボル『三原山』をトレッキング!

三原山トレッキング

大自然を感じるよろこび、ジオパークを歩く!

伊豆大島は島全体が活火山。その中でも島の中央に位置する『三原山』は、島民に御神火様として崇められてきた、まさにシンボルともいえる山です。今回はそんな三原山へトレッキングに出掛けます!

詳しく見る

日本唯一の砂漠『裏砂漠』

日本唯一の砂漠『裏砂漠』

国土地理院が発行する地図に日本で唯一「砂漠」と表記

「裏砂漠」は国土地理院が発行する地図に唯一「砂漠」と表記された場所です。伊豆大島の象徴ともいえる三原山の度重なる噴火によって降り注いだマグマのしぶきが大地を焼き、植物を燃やし、一面黒い世界を作り上げています。噴火後も風が強く吹きぬける場所であるため、植物が定着しにくく、いわゆる“砂漠”的な光景がひろがっています。

詳しく見る

伊豆大島火山博物館

伊豆大島火山博物館

世界的にも貴重な火山専門の博物館

1986年の伊豆大島の噴火の記録を中心に、伊豆大島火山の歴史や火山噴火のしくみ、火山災害の種類とメカニズム、監視・観測体制や防災対策、日本や世界の主な火山について学べる火山専門の博物館です。

詳しく見る

地層切断面

地層切断面

突如あらわれる、大地の年輪

島の南西部、沿岸を行く大島一周道路を走っていると、ひときわ目を引く見事な地層の縞模様が突如あらわれます。高さ約24メートル、長さ630メートルの圧倒的スケールの地層の断面が私たちに驚きと感動を与えてくれます。

詳しく見る

関連情報

伊豆大島ジオパーク公式サイト

伊豆大島ジオパーク公式サイト

伊豆大島ジオパークを紹介する公式サイト。伊豆大島は若くて活動的な火山の島です。『地球は生きている!』と、実感できる景色がいっぱいです!

WEBサイト