キャンピングカーで伊豆大島を巡ろう!

みなさん、キャンピングカーに乗って旅先を巡るのって想像しただけでワクワクしませんか?
今回はそんなキャンピングカーのレンタルが伊豆大島でスタートしたとの情報を聞き、早速体感してきました!

自由に快適に移動できるのがキャンピングカーの魅力

キャンピングカーの魅力は何より自由に移動できることでしょう。快適な居住スペースでゆったりくつろぎ、流れる景色を楽しみながら移動できるのは他では味わえない醍醐味といえます。

そして、伊豆大島は自然がとても豊かなので、美しい夕日や星空などとともに非日常的な風景が広がる場所が各所に点在しているので、その魅力は倍増。また、お子様連れの場合など、気軽に行けないケースでも安心して楽しめるキャンピングカーはおすすめです。ただし、伊豆大島はほぼ全域が国立公園の島なので、車両での移動が制限されていたり、狭い道や未舗装の道も多いので、注意しましょう。

気になる車両をチェック

さて、こちらのキャンピングカーは2トン車がベースとなっていて、普通免許での運転が可能です。ただし、こちらのキャンピングカーレンタルでは免許証の色がグリーンの方(初心者ドライバー)はご遠慮頂いているとのことですので、注意してください。

運転席の様子です。オートマチック車なので、AT限定の方も大丈夫です。運転した印象としては、車幅が広く、車高も高いので、幅の狭い道や木が生い茂っているところなど少し注意して運転する場面もありますが、基本的にはとても運転しやすく快適でした。また、バックする際は運転席の中央パネルのモニターに後方の車載カメラからの映像が映し出される為、十分に安全を確認しながら運転することができます。

というわけで、免許を取得されてからある程度経過されていて、日頃運転する機会のある方であれば問題なく運転できると思います。

気になるインテリアをチェック

室内は広々としていてとても快適です。ホームエアコンや電子レンジ、冷蔵庫や洗面設備など装備も充実しています。もちろん、コンセント電源も常時使用可能です。

収納も各所に設置されているので、大概の荷物は余裕で収容ができます。
照明も様々なタイプのものが室内至るところに設置されているので、シーンや用途に合わせて調整できます。また、電源スイッチ等のコントロール関係はまとまって配置されているので迷うことはありません。

トイレとシャワーは設置されていないので、車中泊の際はトイレ施設のある公共駐車場をご利用ください。また、愛らんどセンター御神火温泉や元町 浜の湯など、温泉施設がありますので、そちらを利用しましょう。

Topic

温泉でくつろぐ

活火山の島である伊豆大島には温泉が豊富に湧き出ています。雄大な自然を感じながら、身も心もゆったりとあたたまる非日常的なひとときを。
伊豆大島には心もからだも温まる個性豊かな温泉があります。あなたのお気に入りの温泉を見つけてください。

詳しく見る

ダイネットについて

「ダイネット」とは、食事などを行うダイニングスペースのこと。ダイネットは十分な大きさを確保したテーブルと対座シート、そして、側面に沿ったサイドシートからなり、窓も大きくとられ外の景色を感じながら快適に過ごすことができます。

お気に入りの景色が広がる場所で食事を楽しんだり、読書やカードゲームなどを楽しんだり、いろいろな過ごし方ができる十分なスペースがあります。

就寝スペースについて

そして、気になる就寝スペースですが、こちらのキャンピングカーでは最大6名の方が就寝できるように設計されています。ダイネットに設置されているテーブルをたたむことで大人3名が就寝できるフルフラットなスペースと、バンクベッド(運転席の上の前に突き出した部分にあるベッドのこと)はボードをスライドさせることで、同じく大人3名が就寝できるスペースが確保できます。バンクベッドはお子様などが寝返りをうって落下することがないよう、転落防止ネットも装備されているので安心です。

このような充実の設備と広々とした快適なスペースからなるこちらのキャンピングカーで実際に1泊2日を過ごしましたが、特に不自由に感じたことはなく、島の美しい自然や景色を楽しみながらゆったりと過ごすことができました。新しい旅の発見でした。ぜひ、皆さんも新しい島旅スタイルとして、体感されてみてはいかがでしょうか?

キャンピングカーで過ごしたいオススメスポット

キャンピングカーで車中泊するのに最適なスポットをご紹介します。好みやケースに合わせて参考にしていただけたらと思います。なお、車中泊の場所は公共駐車場になります。伊豆大島はほぼ全域国立公園に指定されています。また、日常生活を送る地元の方もいらっしゃいます。夜間は他の方のご迷惑にならないよう、マナーと愛のある行動を心がけましょう。

トウシキキャンプ場

島の南部に位置する「トウシキキャンプ場」は、繰り返す噴火による溶岩が長い年月をかけつくりあげた天然のタイドプールが特徴のトウシキ遊泳場の近くにあります。水平線の向こうには、利島や新島などの伊豆諸島の島影を望むことができ、日の出と日の入りの両方を楽しめるダイナミックな場所でもあり、トリップ感も高まります。

もちろん、トイレ・シャワー・炊事場等、基本的な設備も整っています。

Topic

島キャンプ

海に山にと豊かな自然溢れる伊豆大島。そんな環境を五感で味わい尽くすアクティビティといえば、やはりキャンプでしょう!そこで、今回は伊豆大島の南端に位置する「トウシキキャンプ場」で仲間達と一緒にキャンプをしてきました。

詳しく見る

トウシキキャンプ場

野田浜園地

サンセットパームラインの北端の終着地点。砂浜と磯の両方が楽しめるので、お子様の磯遊びにも最適です。インスタスポットとして人気のBuddy's Bell(バディーズベル)は夕陽をバックに撮ると、とても雰囲気のよい写真が撮れます。トイレやシャワーも設置されているので、安心です。

野田浜園地

仲の原園地

元町港にほど近い、サンセットパームライン沿いの公園施設。バーベキュー場がある他、御神火温泉に隣接しており便利。三原山や、海の向こうには伊豆半島、天気の良い日には富士山を望むことができる気持ちの良いスポットです。

Topic

サンセットパームライン

島の中心ともいえる元町にほど近く、美しい海岸線沿いを南北に走る遊歩道が気持ちのいい道「サンセットパームライン」。島の西側の玄関口である元町港付近から北端の野田浜までを結ぶ、約5キロの絶景ロードです。

詳しく見る

仲の原園地

三原山山頂口

これまで紹介したスポットでも綺麗な星空を楽しむことができますが、より本格的に楽しみたいなら断然三原山山頂口がオススメです。早朝に三原山山頂を目指して御来光を浴びるのもアリだと思います。


撮影:M.Okayama

Topic

三原山トレッキング

伊豆大島は島全体が活火山。その中でも島の中央に位置する『三原山』は、島民に御神火様として崇められてきた、まさにシンボルともいえる山です。

詳しく見る

三原山頂口展望台

キャンピングレンタカーを利用される方へのお願い

最後に、キャンピングレンタカーを利用される際は下記に注意して楽しく快適にご利用ください。

  • 運転者は免許証が緑の方(初心者ドライバー)はお貸出しできません。
  • 大島内は、一般道路が狭い箇所が多いため、走行の際に十分注意してください。
  • 車内は禁煙及び火器の使用はできません。
  • 走行中での湯沸かしポットの使用はお控えください。
  • 島内は限られた場所以外、バーベキュー等火気の使用は厳禁となっております。
  • 車中泊の場所は公共駐車場になります。又、その日の天候により使用できない場所もありますので、当日キャンピングレンタカースタッフの方がご案内いたします。
  • 釣り餌等車内の持ち込み及び水着等水濡れでの使用はご遠慮お願いします。

料金について

料金は下記のとおりです。ご予約は貸出日の2ヶ月前同日〜4日前までとなります。

料金(税込) A期間 B期間
24時間まで ¥55,000- ¥38,500-
36時間まで ¥71,500- ¥55,000-
48時間まで ¥88,000- ¥71,500-
60時間まで ¥104,500- ¥88,000-
72時間まで ¥121,000- ¥104,500-

(A期間:4/25〜5/6、7/1〜9/30、12/25〜1/3貸出)
(B期間:1/4〜4/24、5/7〜6/30、10/1〜12/24貸出)

お問い合わせ・お申し込みはこちら

大島キャンピングレンタカー

伊豆大島で初の「キャンピングレンタカー」

乗車定員は7人、レンタカーの中では6人がお休みいただくことができます。この大島の大自然に囲まれて、キャンピングカーで思い出を作りませんか。

 090-1600-8625(担当:渡辺)
 osima.krc@gmail.com

お申し込みはメールにて、①貸出日時~返却日時 ②代表者名・連絡先 ③人数 ④利用船便 を記載ください。

詳しく見る