島の動物園「東京都立大島公園 動物園」

地形を活かした動物園

伊豆大島は火山島。
地球の息吹を感じる場所。ここ大島公園動物園では溶岩の地形をそのまま残したダイナミックな景観の中、動物達がのんびり過ごしています。

鳥の楽園は島にありました

大島公園動物園のフライングケージは約53m×42m×13mという日本でも屈指の大きさ。そんな巨大空間の中に池や湿地帯、丘陵地帯等の地形が作られ、さまざまな鳥たちを観察することができます。動物達の愛くるしい姿やしぐさを眺めていると時間を忘れてしまいます。鳥類の他にもワラビーやカピバラなどの姿も見られ、盛りだくさん。

ここフライングケージにいるのは主に15種の鳥達。群れをなすフラミンゴ、カモ、オシドリ、クジャク、その他にも日本の天然記念物に指定されているカラスバト等、色とりどりの鳥が舞う巨大な鳥かご。

動物達を身近に感じる

東京都立大島公園の一部である動物園は、昭和10年に開園。

目玉の一つであるフライングケージは日本で一、二を争う規模。動物達とふれあえる「なかよし広場」をはじめ、ほとんどの動物達を手に届く距離で見ることができるのです。

この動物園では葉物に限りエサとしての持ち込みが認められています(一部の限られた動物のみ)。そうした動物園は今では少ないそうです。

海と山。まわりの自然を一緒に感じながら楽しめる動物園だからか動物達もどこかのんびり。そして、どこか懐かしさを感じられずにはいられない、そんな動物園です。

幸運を呼ぶ羽!?

1本の羽が根元から2本に分かれているエミューの羽。

何千種類という鳥がいる中でエミューだけに見られる唯一の形だとか。ニュージーランドでは縁結びのお守りや友愛の証に贈る風習があるそう。なんともステキな風習ですね。

ここ大島公園動物園にもエミューが暮らしています。幸運を呼ぶ羽が足元に落ちてる!?なんてこともあるかも。

知られざる動物園の役割-ズーストックについて

飼育下で繁殖させるべき希少な動物をズーストック種に位置づけ、計画的に繁殖。東京都の各園(都内5園)で役割分担を決めているそうです。大島公園の担当は、「アルダブラゾウガメ」「カラスバト」「ハワイガン」。(東京都立大島公園パンフレットより)

東京都立大島公園 動物園

東京都立大島公園 動物園

〒100-0103
東京都大島町泉津字福重3号

04992-2-9111
営業時間:通年 8:30~17:00
入園料金:無料
WEBサイト